東京都を中心に広がりを見せている美容皮膚科

脱毛後のケア

施術後には保湿をしっかりとしよう

脱毛サロンで施術が終わった後は、しっかりと肌トラブルなどが出ないようにしっかりと肌を冷やしてくれて、保湿も行なってくれます。 施術直後の肌というのは、脱毛機の熱が毛穴にこもった状態になっているため、ちょっとした事で肌トラブルを起こしやすくなっています。 また、肌のバリア機能も弱まっているので、しっかりとアフターケアをするのが重要です。 家に帰ってからまだ肌が熱っぽい感じがしたら、しっかりと保冷剤や氷などで肌を冷やしてあげましょう。 また、肌は内側から熱を持っていて乾燥しやすくなっているので、まめに保湿をしてあげるのが重要です。 顔のお手入れをする時と同じように、化粧水でたっぷりと水分を与えて、クリームや乳液で保湿するのが最適です。

シミやほくろがある場合の脱毛について

脱毛サロンの光脱毛は、黒いメラニンに反応する光を肌に当てて、ムダ毛を処理していきます。 そのため、シミやほくろ、色素沈着がある場合、そこを避けて脱毛する必要があります。 シミやほくろ、色素沈着などはメラニンを含んでいるため、光を当ててしまうと火傷などの肌トラブルを起こす場合があります。 そのため、シミやほくろなどには保護テープを貼って施術したり、その場所を避けて施術を行なっています。 また、ニキビや皮膚の炎症がある場合も、これらを悪化させないために、その場所を保護したり避けて施術が行なわれます。 しかし、範囲が広かったり数が多い場合には施術が難しくなるので、脱毛を受ける前にニキビや皮膚の炎症を治してから受けるのが良いでしょう。